俺のマネー

フィンランドが国家として初めて毎月11万円のベーシックインカム導入でネット民がざわつく

20151208-2

これは興味深い社会実験になりそうな予感がします。福祉国家としてお馴染みのフィンランドが、世界で初めてベーシックインカムを導入するそうです。

実施されればフィンランド国民には毎月11万円が無課税で支給されます。その一方で、社会保障が停止されるとのこと。

 

政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされる額の現金を無条件で定期的に支給するベーシックインカム制度。社会保障の問題を考える際によく引き合いに出される制度ですが、北欧の福祉国家として高い評価を受けているフィンランドが世界で初めて国として導入することを決定しました。
フィンランド政府は全ての国民に分け隔てなく毎月800ユーロ(約11万円、年間では約130万円)を無課税で支給することを検討。この制度には国民の69%が賛成しています。

フィンランドが世界初のベーシックインカムを導入決定 毎月11万円支給

世界は初めてとなるフィンランドのベーシックインカムの導入ですが、これが成功すれば他の国も導入するところが出てきても不思議ではありません。

また、このニュースを受けてネットの皆さんがざわついているようです。

フィンランドのベーシックインカム導入に対するネットの反応

日本でも「生活保護以外、すべての福祉を廃止したらどう?」という意見も

Screenshot生活保護以外、すべての福祉を廃止したらどう? – Chikirinの日記

この件に関してのちきりんの提案は、ずばり「生活保護以外の社会福祉制度は全廃すべし!」です。読み間違えないようにね。生活保護制度の全廃ではなく、生活保護制度以外、全廃です。

 

 


コメント欄

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top