俺のマネー

億万長者になる人間は、普通の人とはどこが違うのか?「となりの億万長者」

アメリカの億万長者1万人以上にインタビューとアンケートをして明らかになった結果とは?億万長者になるプロセスには7つの法則が存在する。

本物の億万長者は贅沢な暮らしをしているのではなく、とても倹約家であることが分かる。派手な生活をしている億万長者はほんの一握りしかいない。これは多くの人にとって意外な事実ではないだろうか。

彼らは、見栄を張るよりもお金の心配をしなくてすむことに焦点を当てている。そんなミリオネアの思考を今直ぐ自分にインストールしよう!


■資産を築く7つのポイント

  1. 収入よりはるかに低い支出で生活する
  2. 資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく使う
  3. お金の心配をしないですむことの方が、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える
  4. 社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない
  5. 子供たちは、経済的に自立している
  6. ビジネス・チャンスを掴むのが上手
  7. ぴったりの職業を選んでいる

ミリオネアは、特に目新しいことをやっているわけではないことが分かる。まずは自分ができることろから真似てみる。差し当たり「収入よりはるかに低い支出で生活する」ところから始めてみようではないか。


■男は「攻め」、女は「守り」

蓄財優等生の家庭では、妻が輪をかけて倹約家であることが多い。

将来お金の心配をしたくないなら相方選びは慎重にいきたいところだ。奥さんが浪費家の場合、資産を築くことはかなり難しくなるだろう。

最低限、自分より倹約家の伴侶をチョイスしたいところだ。


■過大な借金はしない

住宅ローンは年間の現金所得の2倍以内に抑える。

借金が多くあると、身動きが取れなくなってしまう恐れがある。チャンスがあれば直ぐにでも行動できるように身軽であることは大切なことだろう。

家の借金を返済をするために、奴隷のように働くなんてまっぴら御免である。


■お金よりも大切な物を再認識する

健康、長寿、楽しい生活、愛する家族、自立心、よい友達。

人それぞれ優先順は違うと思う。もちろんお金も大切だが、他にも大切な物があることを再認識しておく必要があるだろう。


「消費者」から「賢い倹約家」になりたい人は、一読してみることをおすすめする。



Facebookコメント欄

Return Top